R&CROSS

RONDO(株式会社ロンド)が運営するウェブストア「R&CROSS ONLINE STORE」。国内外より厳選された雑誌掲載ブランドが豊富。パトリックやニューバランス・アディダスなどスニーカーブランドも多数。DUVETICA・WOOLRICH・LAVENHAMなどのアウターも充実です。

  1. ホーム
  2. RED WING

BRANDブランド/RED WING(4件)

moreclose

RED WING
REDWING、この今では誰もが知るシューズブランドの名前は現存するアメリカ・ミネソタ州の街の名前です。19世紀後半のアメリカではそこかしこで見られた海外からの移民の中にこの街にドイツからやって来た一人の少年がいました。当時の彼はまだ17歳。後にREDWINGの創始者となるチャールズ・ベックマンその人です。彼は列車を降りたレッドウイングシティで革工場に職を見出しました。必死に技術を習得する中で彼は自然と革製品の靴に関心を持つようになって行きます。1883年にはついに自ら靴屋を開業するに至りました。「本当に良い靴だけを売りたい」その彼の情熱と彼の仕事に取り組む真摯さは次第に街の人々の心を捉え始めます。自分の店に靴を買いに来た客の足に本当にフィットしていると思えない場合は、客がその靴を欲しがっても彼は頑なに販売することを拒むほどだったと言います。そんな中でも職人気質のチャールズのお店は大繁盛していきますが、彼は次第に疑問を感じることになります。

「世の中にはなぜ本当に良い靴がこんなにも少ないのか」働きながら彼は自分の職場で取り扱っている靴よりも良い靴を自分で作るしかない、と考えるに至ります。そして1905年ついに彼が14人の仲間と共に立ち上げた会社こそが、「REDWING・SHOE・COMPANY」です。今なお110年に渡って続くREDWINGの歴史の始まりです。始めの1,2年こそ苦労したREDWINGでしたが、着実に売上を伸ばした結果、4年目には工場を持つまでになりました。チャールズの靴への情熱は、素材から納得のいく形で自社一貫生産するという結論を導き、国産の原皮を使い全米最大のタンナリーであるS.B.フット社を傘下に収めるほどのものでした。実はこの会社こそチャールズが働いていた会社なのです。この靴を作るにあたって、原材料の開発段階から自社で行うという他社には真似の出来ない徹底した職人気質がREDWINGを今の位置に押し上げた最大の要因なのです。


現在REDWINGの年間販売数量は300万足を数え、従業員の人数はおよそ2000名、世界150か国で取り扱われるまでになっています。しかし、REDWINGは創業者であるチャールズベックマンの職人気質を受け継ぎ、本社はミネソタ州REDWINGに拠点を置いています。職人の中には親子3代にわたってREDWINGで働く一家がいるほど地域に根差した経営を続けています。この環境を守り続ける事こそが創業当時から続く経営哲学の一つであり、誇り高い職人集団である彼らの矜持なのです。

CATEGORY

COLOR

  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • ネイビー
  • ブルー
  • カーキ
  • グリーン
  • イエロー
  • オレンジ
  • レッド
  • ピンク
  • ブラウン
  • ベージュ
  • ゴールド
  • シルバー
  • マルチ
  • パターン

BRAND